[HTML]
H1

研究員レポート

お知らせカテゴリー表示
研究員名選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2020.06.04

  • 研究員レポート
  • 入江 晃史

英国における通信契約者の保護政策 最新動向
-顧客のための公平性確保に向けて-

一般財団法人マルチメディア振興センター(FMMC)
ロンドン事務所 所長 入江 晃史

英国通信庁(Ofcom)は、2020年開始早々、「顧客のための公平性」(Fairness for Customers)の観点から2019年に実施した主要な消費者保護政策をまとめてOfcomのウェブサイト上で紹介した 。Ofcomの政策の中には数年前から準備していたものもあり、2019年度はOfcomがこれまで蒔いた種が次々と花を咲かせたといった感がある。次期会計年度(2020/2021)のOfcom事業計画案(Plan of Work)でも、戦略的優先事項の一つとして「顧客のための公平性」の確保が掲げられており、Ofcomは引き続き、消費者保護を重視した政策を積極的に打ち出していくものと予想される。
そこで、本稿では、2019年のOfcomによる通信契約者の保護政策を振り返りつつ、最近の政策動向を概観してみたい。

DOWNLOAD