[HTML]
H1

ご挨拶

エディタ



一般財団法人マルチメディア振興センター
理事長 桜井 俊

 

就任ごあいさつ

 
 平素より当財団の活動にご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
私はこのたび理事長に就任いたしました桜井です。前任の小笠原理事長の職責を引き継ぎ、当財団の更なる発展に尽くす所存です。 
新型コロナウイルス感染症のパンデミックが社会に与えた影響は深刻であり、世界的にも新たな日常に対応した体制の構築が求められています。こうした状況を踏まえ、当財団の事業の充実を目指し、ICT産業の更なる発展を通じて、豊かな国民生活の実現に寄与するよう、事業活動に取り組んで参ります。
 ネット安全教育講座「e-ネットキャラバン」は、「リモート講座」や「ビデオオンデマンド(VOD)方式による講座」など、オンラインコンテンツの一層の充実等を図り、更に多くの方々に受講して頂けるよう取り組んで参ります。また、他の活動団体や企業との連携による情報リテラシーの向上に向けた取組も進めて参ります。
 災害発生時の全国的な情報伝達ネットワーク基盤である「Lアラート」につきましては、自然災害が激甚化・頻発化する中で、社会インフラとして重要性が着実に高まっています。システムの持続可能な体制の構築に向けて、自治体、各事業者、メディア関係者の皆様と連携しながら、新たな運営形態の検討を行っており、2023年4月からの新体制への移行を目指して参ります。
 さらに、当財団では、「ワールドニュース」や「ICTグローバルトレンド」などを通じ、海外のICT分野の最新動向を提供しています。今年4月からは、5G/6G時代を見据えた仮想空間活用サービスの最新動向、DX阻害要因とデジタルプラットフォーム(DPF)の現状と展望、クリエイターエコノミーに関する動向調査、2030年放送制度論考-社会的共通資本としてのメディアのあり方-という4つのテーマについて調査分析を行っております。
 社会の新たな産業・技術トレンドに着目し、各企業、各省庁等からの委託研究や社会への情報発信に努め、我が国の経済社会の発展に貢献して参ります。
 今後とも、財団の諸活動に対するご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。
                                                                                                                                         2022年6月