[HTML]
H1

Lアラートの利用

コンテンツ

利用イメージ

情報発信者が連携システムやデータ投入ツール(※1)などでLアラートに災害情報などを送信すると、LアラートからSOAPなどの配信形式で情報伝達者に一斉に配信されます。(PUSH型)
その際、情報伝達者は連携システムやデータ照会ツール(※1)によって、Lアラートに参加する全ての情報発信者からの情報を一定のフォーマットで効率的かつ迅速に受信することができます。
地域住民は、情報伝達者が提供する様々な媒体(テレビ、ラジオ、Webサイト等)を通じて災害情報を入手することができます。
(※1)サポート機能の欄を参照のこと

利用イメージ

システム構成

コモンズネットワークは、所在地が異なる全国センターとバックアップセンターで構成し、かつセンター内機器は、2重化構成となっており、広域冗長化による高信頼性を実現しています。
利用可能な回線種別は以下の通りです。

  • 全国センター    : LGWAN(地方公共団体のみ)/インターネット/コモンズVPN接続が可能です。
  • バックアップセンター: インターネット/コモンズVPN接続が可能です。

※コモンズVPN回線及びインターネット回線は二重化しています。

取り扱い情報

基本サービス情報は、以下の通りです。(情報発信者からの情報)

  • 避難情報
  • 避難所情報
  • 一時滞在施設情報
  • 災害対策本部設置状況
  • 被害情報
  • お知らせ(ガスの停止/復旧、交通情報等を含む)
  • イベント情報
  • 水位周知河川
  • 停電発生状況

付加サービス情報は、以下の通りです。(情報発信者以外の情報)

★気象業務支援センターより入手

  • 気象警報・注意報(H27)
  • 気象特別警報・警報・注意報
  • 土砂災害警戒情報
  • 指定河川洪水予報
  • 地震、火山、津波

★Jアラートより入手

  • 国民保護情報

サポート機能

サポート機能には、運用サポートツールと緊急速報メール発信機能があります。

コモンズツール(PC版)

コモンズツールは、「コモンズエディタ2」と「コモンズビューワ」で構成され、 利用者のパソコン等にインストールして利用します。

コモンズエディタ2

コモンズエディタ2は、Lアラートにお知らせ情報を発信するためのソフトウェア(データ投入ツール)です。

コモンズビューワ

情報発信者が発信する各種情報を閲覧するPC版の簡易ツール(データ照会ツール)です。

コモンズビューワ

コモンズビューワ

Lアラートツール(WEB版)

Lアラートツールは、「Lアラートビューワ」で構成され、 パソコン等のブラウザから利用します。

Lアラートビューワ

情報発信者が発信する各種情報を閲覧するWEB版の簡易ツール(データ照会ツール)です。
※なお、IE(インターネットエクスプローラ)は、サポートしていません。

Lアラートビューワ

緊急速報メール発信支援機能

携帯電話事業者(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル)が提供するエリアメールおよび緊急速報メールに対して、一括発信が行える機能です。
この機能は、情報発信者である地方自治体のみが利用可能であり、かつ各々の携帯電話事業者と契約が必要です。

協力事業者について(参考)

Lアラートのサポート機能以外で、サービス利用者向けに、情報入力支援サービス、情報受信・伝達支援サービスを提供することが出来る協力事業者については、利用状況の利用者一覧を参照願います。