[HTML]
コンテンツ
ネット社会の健全な発展に向けた
SNS202005

SNS上の誹謗中傷が原因とされる事件の発生について(コメント)2020.5.28

ネット社会の健全な発展に向けた連絡協議会(代表世話人:中山明。以下「協議会」)では、2016年の発足以来、インターネット上で名誉毀損や差別的表現などの他人を傷つけるような情報発信が行われないよう、通信業界団体が連携して、利用者のマナー及びモラル向上のための普及啓発活動に取り組んで参りました。
今般、報道にあるようなSNS上の誹謗中傷が原因ではないかとされる痛ましい事件が発生したことは、痛恨の極みです。協議会では、このような他人を傷つける情報発信を未然に防止し、利用者のマナー及びモラル向上が図られるよう、国などの関係機関と協力しながら、引き続き、取り組んでいく所存です。
corona_netsyakai1

新型コロナウイルス感染症に関する誹謗中傷をはじめとしたデマやフェイクニュースについて

ネット社会の健全な発展に向けた連絡協議会は、ネット上の誹謗中傷など他人を傷つけるような書込み・拡散の防止のための啓発に取り組んでいます。協議会の2020年春のキャンペーンポスターでは「最近、新型コロナウイルスに関するいわれのない誹謗中傷をはじめとしたデマ・フェイクニュースの流通も問題になっています。そのような情報を拡散しないようにしましょう。」と周知しています。

FMMCが実施している他業務の新型コロナへの取り組みとともに、特設ページでもご紹介しています。
 
お知らせ表示

お知らせ

ネット健全バナー
STOP!海賊版