[HTML]
H1

ICTワールドニュース

コンテンツ

研究員が日々収集・作成する情報の中から、現在日本での関心度が高いと考えられる、米・欧・アジアをはじめとした世界の主要なICT関連ニュースをセレクトして定期的にホームページに掲載していきます。

お知らせカテゴリー表示
国名等選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2011.05.12

  • 米国

【米国】ヒューストン東部、全国初のスーパーWi-Fiサービスの試験サービス提供へ

FCCは昨年9月、地上波TV放送ホワイトスペースの使用規則を採択。この帯域を利用する「スーパーWi-Fi」が実現可能になった。これを受け、ライス大学とヒューストンの非営利団体「テクノロジー・フォー・オール」は、4月19日、全国で初めて「スーパーWi-Fi」サービスの提供を開始したことを発表した。今後、数ヶ月で、住民3,000人がスーパーWi-Fiでカバーされる予定である。
テクノロジー・フォー・オールは、ライス大学の技術提供を受け、ヒューストン東部3平方マイル地区の低所得層に無料でスーパーWi-Fi接続を提供する。ライス大学のコンピュータ・エンジニアのエドワード・ナイトリー氏は、全米科学財団(NSF)からの補助金を得て、この冬にスーパーWi-Fi機器のプロトタイプを作成し、数週間前にヒューストン初のホットスポットも立ち上げている。同氏は、今回の無料サービス提供はまだスーパーWi-Fiの初期トライアルであり、その最適な利用方法は今後探っていかねばならないとしている。
スーパーWi-Fiは、従来のWi-Fiよりも波長が長いため、物理的障壁を透過する力が強いのが特長。スーパーWi-Fiは、都市部の未普及エリアや、ルーラル地域で普及するのではと予想されている。