[HTML]
H1

ICTワールドニュース

コンテンツ

研究員が日々収集・作成する情報の中から、現在日本での関心度が高いと考えられる、米・欧・アジアをはじめとした世界の主要なICT関連ニュースをセレクトして定期的にホームページに掲載していきます。

お知らせカテゴリー表示
国名等選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2010.12.15

  • 国際

【国際】 携帯電話の業界団体GSMA、内蔵型SIM開発でタスクフォースを設置

携帯電話の業界団体GSMAは11月18日、移動電話端末を遠隔で始動させることが可能な内蔵型SIMの発展を探るため、移動通信事業者のタスクフォースを設置したと発表。タスクフォースの活動により、移動通信の新しいフォームファクター(ハードウェアの寸法や形状などを決定付ける要因)の設計が可能になり、さらに、カメラやMP3プレイヤー、ナビゲーション機器、電子書籍端末、遠隔測定機器等のモバイルブロードバンドへの接続が容易化され、M2Mの発展が加速されると期待されている。
 GSMA会長は、従来型SIMには数々の便益や功績があると評価しながらも、業界が電話端末の接続から多種多様な機器の接続へと向かう状況下では内蔵型SIMがより高度な柔軟性を発揮することは明らかだとしている。
 タスクフォースにはAT&Tや中国移動、ドイツ・テレコム、フランス・テレコム・オレンジ、KT、NTTドコモ、SKテレコム、テレコム・イタリア、テレフォニカ、ベライゾン・ワイヤレス、及びボーダフォンの技術専門家が参加し、大手のSIM製造会社と協力しつつ活動を行うことになっている。