[HTML]
H1

ICTワールドニュース

コンテンツ

研究員が日々収集・作成する情報の中から、現在日本での関心度が高いと考えられる、米・欧・アジアをはじめとした世界の主要なICT関連ニュースをセレクトして定期的にホームページに掲載していきます。

お知らせカテゴリー表示
国名等選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2011.01.21

  • 米国

【米国】FCC、ネット中立性規制案を採択

FCCは、12月21日、3対2でネット中立性規制案を採択した。この規制は大手ISPが合法的なコンテンツやサービスを差別して遅延したり、遮断することを禁止する一方で、「適切なネットワーク管理」を行うことも認めている。
 同規制案は3つの骨子から構成されている。
1) 固定回線・無線ブロードバンド・サービス事業者が消費者、コンテンツ/アプリケーション/機器供給事業者に提供するサービスについて適切な情報を提供することを義務付ける透明性規定。
2) 固定回線ブロードバンド事業者が「合理的なネットワーク管理」以外にコンテンツ、アプリケーション、サービス、機器の利用を妨害する、またはモバイル・ブロードバンドでは競合する通話・動画通信サービスの利用を妨害することを禁止する規定。
3) 固定回線ブロードバンド事業者がトラフィック伝送で不当な差別待遇を課すことを禁ずる規定。
 また、ネットワークの混雑対策として、ISPがユーザーが使った分のデータ量に課金する従量料金制を導入することや、電気通信・CATV事業者が有償で回線容量を優先的に割り当てることも認めている。また移動通信事業者には固定回線事業者よりも緩やかな規制が課される。
 オバマ大統領は、FCCがネット中立性規制を採択したことを歓迎。「この決定は自由で開放的なインターネットを維持するとともに、技術進化を促し、消費者の選択肢、言論の自由を守ることになるだろう」とする声明を発表した。