[HTML]
H1

ICTワールドニュース

コンテンツ

研究員が日々収集・作成する情報の中から、現在日本での関心度が高いと考えられる、米・欧・アジアをはじめとした世界の主要なICT関連ニュースをセレクトして定期的にホームページに掲載していきます。

お知らせカテゴリー表示
国名等選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2010.12.16

  • 中国

【中国】携帯番号のポータビリティが22日より実施、中国聯通が最も有利

通信産業網の掲載によると、携帯番号のポータビリティは11月22日に、天津と海南で、6ヵ月にわたる試行を開始したとのことである。これは、3通信事業者における市場シェアの変化の始まりになると思われる。
 海外での番号ポータビリティの導入の経験によると、番号ポータビリティの導入は、通信事業者間の価格戦を引き起こす傾向があり、業界全体の収益を引き下げる可能性がある。海南通信管理局は、価格の変動を監視し、天津通信管理局は、市場に対する監督を強化しようとしている。
 また、番号ポータビリティの展開につれて、通信事業者には、サービスやアプリケーション等における工夫が求められ、新しい技術やネットワーク、ビジネスモデルを有する通信事業者が、最も利益を得られる。即ち、番号ポータビリティは、W-CDMAネットワークを整備した中国聯通に最も有利であると思われている。
 一方、新華網の掲載によると、今回の携帯番号ポータビリティの試行期間は6ヵ月であるが、試行が終わってから海南と天津では引き続き携帯番号ポータビリティを実施し、ユーザーは引き続きそのサービスを利用することができるという。