[HTML]
H1

ICTワールドニュース

コンテンツ

研究員が日々収集・作成する情報の中から、現在日本での関心度が高いと考えられる、米・欧・アジアをはじめとした世界の主要なICT関連ニュースをセレクトして定期的にホームページに掲載していきます。

お知らせカテゴリー表示
国名等選択
お知らせ年度表示
掲載年選択
お知らせ表示

2011.05.23

  • 韓国

【韓国】ネットワーク中立性論議が本格化。年内に関連政策策定へ

放送通信委員会(KCC)はこのほど、ネットワーク中立性フォーラムを立ち上げ、5月26日の討論会を皮切りにネットワーク中立性論議を本格化させる。フォーラムは漢陽大学のキム・ヨンギュ教授を委員長として、学界・通信キャリア・インターネット業界・メーカー・市民団体からの24名で構成される。フォーラムの目的は、急変する通信環境を診断し、コンテンツ-ネットワーク-デバイス-利用者が同時成長できる協力方法を模索することにある。
 KCCはフォーラム運営と並行し、IT専門家対象に広範囲な政策諮問も図る計画。諮問方式は、従来のホームページでのコメント募集よりもさらに踏み込んで、ネットワーク中立性に関する中心的争点を質問書形式で作成して通信キャリア、教授、ブロガー、IT専門家に送って8月までに回答を求める計画。KCCはフォーラム運営結果と政策諮問で得られた意見を反映し、年内に関連政策を打ち出す方針。
 現在、通信キャリアは、無料モバイルチャットサービスのカカオトークをはじめとするインターネット・サービス事業者にネットワーク投資費用を分担させるべきと主張しているのに対し、インターネット・サービス事業者側はネットワーク利用料は既に消費者が負担しているのでネットワークは開放されるべきと主張して対立している。カカオトークは2010年にサービス開始してわずか1年で国内の利用者が1,000万を突破した人気アプリ。カカオトークと通信キャリアの紛争がネットワーク中立性問題に火をつけた格好となった。