HOME >一目でわかる世界のICT

一目でわかる世界のICT

旅客機内におけるブロードバンド、2035年には1,300億ドル規模の市場に

通信衛星による移動体通信を提供するインマルサットが、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスと共同で実施した旅客機内におけるブロードバンドサービスの商業規模に関する予測「スカイハイ・エコノミクス」によると、2035年までに機内ブロードバンド市場は1,300億ドル規模に達する見通しである。結果、航空会社には約300億ドルの追加収入がもたらされる。

「スカイハイ・エコノミクス」では、機内ブロードバンドによって実現される付加的なサービスを「ブロードバンド・アクセス」、「電子商取引」、「広告」、「プレミアム・コンテンツ」の四つに分類し、それぞれによって航空会社が得る収入の見通しを示している。

2035年までに機内ブロードバンドによって航空会社にもたらされる収入の予測
ブロードバンド・アクセス 電子商取引 広告 プレミアム・コンテンツ 合計
2018年 8億2,200億ドル 3,600万ドル 2,600万ドル 3,900万ドル 10億ドル
2028年 90億ドル 30億ドル 29億ドル 7億3,100万ドル 150億ドル
2035年 159億ドル 68億ドル 60億ドル 14億ドル 300億ドル
出所:インマルサット「スカイハイ・エコノミクス」

地域別では、アジア・太平洋地域の潜在性が大きく、2035年までに機内ブロードバンドの関連サービスによって約103億ドルの追加収入が見込まれる。以下、欧州(約82億ドル)と米国(約76億ドル)が続く。