Lアラート

地域の安心・安全を支える「Lアラート」


─「Lアラートシンポジウム in 埼玉」(2016/2/1)開催について─

<シンポジウムの概要>

 当財団は、総務省及び関東総合通信局との共催により、平成28年2月1日(月)に、「Lアラートシンポジウム in 埼玉」を開催します。

 本シンポジウムは、様々な立場でLアラートの利用や普及に第一線で取り組んでいる関係者の方々にご出席をいただき、東日本大震災とLアラートのサービス開始から5年目を迎えるに当たり、災害情報伝達の重要性を一般に周知するとともに、Lアラートの果たすべき役割について関係者間の理解を深めるため、講演とパネルディスカッションを行うものです。

日 時:平成28年2月1日(木)13:30~16:30(13:00開場)

場 所:大宮ソニックシティ 小ホール
   (埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

主 催:総務省・総務省関東総合通信局・一般財団法人マルチメディア振興センター

後 援:埼玉県、さいたま市、株式会社テレビ埼玉

参加申込み:本シンポジウムはどなたでもご参加いただけます。
     (会場の都合上、定員となった場合には申込みを締め切らせていただきます。)

→詳細・申込は総務省報道発表資料をご覧ください。
   リンク:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000100.html


─Lアラートシンポジウム2014~「公共情報コモンズ」からの発展~開催について─

シンポジウムの概要

 一般財団法人マルチメディア振興センターは、総務省及び関東総合通信局との共催により、平成26年11月13日(木)に、「Lアラートシンポジウム2014~「公共情報コモンズ」からの発展~」を開催します。
 本シンポジウムは、様々な立場で公共情報コモンズの利用や普及に第一線で取り組んでいる関係者の方々にご出席をいただき、これまでの歩みを振り返るとともに、現段階を総括し、新たな名称である「Lアラート」が今後、いっそう普及・発展していくための課題や期待について、講演とパネルディスカッションを行うものです。


日 時:平成26年11月13日(木)14:15~16:30

場 所:一橋大学一橋講堂
(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階)

主 催:総務省・総務省関東総合通信局・一般財団法人マルチメディア振興センター

参加申込み:参加費は無料で、ご関心のある方であれば参加可能です。
(申込み順に先着500名を予定しています。)


→詳細・申込は総務省報道発表資料をご覧ください。


【2013年資料】─公共情報コモンズ いまとこれから─

シンポジウムの概要

 当財団において平成23年から実用化し、サービスの提供を行っている公共情報コモンズは、最近、全国的に利用が増加しておりますが、平成20年の総務省「地域の安心・安全情報基盤に関する研究会」による「安心・安全公共コモンズ」構築についての提言から数えると5年が経過したことになります。
 この5年目の節目にあたって、「公共情報コモンズ いまとこれから」をテーマとして、様々な立場で公共情報コモンズの利用や普及に第一線で取り組んでいる関係者の方々にご出席をいただき、公共情報コモンズのこれまでの歩みを振り返り、現段階を総括するとともに、今後の一層の普及・発展に当たっての課題や期待について、講演とパネルディスカッションを行います。

日 時:平成25年10月25日(金)14:10~16:40(開場:13:40)

場 所:機械振興会館ホールB2F(東京都港区芝公園3-5-8)

地図は、こちらをご参照ください。

主 催:一般財団法人マルチメディア振興センター(共催:総務省)

参加申込み:参加費は無料で、ご関心のある方であれば参加可能です。
(申込み順に先着200名を予定しています。)

→【ご好評につき、受付を終了いたしました。】

プログラム: <当日プログラム>

基調講演資料:当日は配布いたしませんので、必要な方は各自印刷してお持ちください。

資料 基調講演「公共情報コモンズの歩みと今後への期待」 総務省政策統括官(情報通信担当)吉田 靖

パネリスト資料:当日は配布いたしませんので、必要な方は各自印刷してお持ちください。