[HTML]
H1

利用者について

コンテンツ

Lアラートの概念

普段から緊急事態への対応として自助・共助が機能するように備えることは極めて重要であり、住民にとって必要な公的情報が、日頃から正しく、迅速に提供される環境の整備が必要です。
こうした考えに基づき、社会システムとしての「Lアラート」の構築と、インフラ整備が行われています。

Lアラート概念

Lアラート概念

情報発信者とは

情報発信者とは、地方公共団体やライフライン事業者など、地域住民の安心・安全に関わる公共性の高い情報を保有し、Lアラートに情報を発信する組織・事業者のことです。

情報伝達者とは

情報伝達者とは、放送事業者や携帯電話事業者、ポータルサイト事業者、新聞社などLアラートから情報を取得し、地域住民に対して情報を伝える組織・事業者のことです。

Lアラートが求められる背景

  1. 大規模災害時には、公的支援だけでは限界があることから、住民に対する迅速かつ正確な情報提供手段へのニーズが高まっています。
  2. 安心・安全に関わる公的情報は、ほとんどが市町村から都道府県、次いで国へという一方通行の報告に留まり、地震や風水害等、国民の生命・財産に関わる公的情報の自治体間での共有が遅れているのが実情です。
  3. 先進的な地方自治体では、災害に関する情報を放送事業者等へ配信するためのシステム整備が始まっていますが、個別にシステム構築が行われた結果、データ形式やシステム間の接続インタフェースの標準化が大きな課題となっています。

※ 総務省では「地域の安心・安全情報基盤に関する研究会」(平成20 年度)で公共情報を共有する基盤の必要性や要件等を提言しています。

情報発信者のメリット

緊急性の高い情報も、Lアラートへの一回の入力作業で様々なメディアに対して配信でき、迅速かつ確実に地域住民に伝達することができます。

情報発信者 画像

  • 住民の居場所に関わらず、多様なメディアを通じて緊急性の高い情報を迅速かつ確実に伝えることができます。
  • Lアラートへの入力のみで、多様なメディアへの情報伝達が可能となり、入力作業の負荷が大きく軽減されます。
  • 隣接する自治体等、他地域の災害状況を即時に把握できるようになります。
  • 緊急性の高い情報を、放送等のもつ速報性、同報性等を活かして迅速かつ正確に、住民へ伝えることが可能になります。

コモンズツールの画面例

詳細かつ多様な災害情報を最適なデータフォーマットで効率的に取得することができます。

  • コモンズビューワ
  • コモンズエディタ

コモンズビューワ

コモンズエディタ

情報伝達者のメリット

詳細かつ多様な災害情報を最適なデータフォーマットで効率的に取得することができます。

情報伝達者 画像

  • Lアラートと放送システム等を連携させることにより、データ入力の手間を省き、情報をより正確、迅速に伝達することが可能になります。
  • コミュニティFM事業者や地域CATV事業者等にとっても、より広域かつ詳細な災害情報が入手でき、一層効率的、効果的に、地域の実状に合った情報提供ができます。
  • 全国の公共情報が標準化された手順により最適なデータフォーマットで入手可能となり、情報取得のためのコスト、工数の大幅削減が期待できます。

データ放送画面例

  • データ放送画面1
  • データ放送画面2

データ放送画面1

データ放送画面2

地域住民のメリット

災害などの緊急時にも安心・安全に関わる情報をテレビ、ラジオ、携帯電話など多様なメディアを通じて、誰もが、いつでもどこにいても迅速かつ確実に得ることができます。

地域住民のメリット 画像

  • 緊急事態発生時には、身近なメディアを通じて、迅速に正確な情報取得が可能になります。
    テレビ、ラジオ、携帯電話、インターネット等、多様なメディアを通して、身障者、高齢者を問わず誰もが、いつでもどこでも、地域の安心・安全に関わる情報を確実、迅速に入手することができます。
  • 誰もがどこにいても、緊急情報を取得できます。
    外出先や移動中であっても、携帯電話や街に設置されている大型ビジョン(デジタルサイネージ)等で、災害などに関わる情報を文字や地図、音声等、さまざまなメディアを通じてリアルタイムに受信できるようになります。