一般財団法人マルチメディア振興センターは、平成20年4月より「ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」を実施しているのに加え、今般、新たに「データセンターの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」および「IaaS・PaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」を創設しました。

これら3つの情報開示認定制度を、「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定制度」と総称します。

この制度は、クラウドサービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要な「安全・信頼性の情報開示基準を満たしているサービス」を認定するものです。

認定制度により、安全・信頼性に必要な情報開示への需要が高まり、認定を受けたサービスを提供する事業者は、さらにユーザ獲得の機会が広がります。

認定したサービスに対しては、「認定証」および「認定マーク」を発行します。事業者はウェブページ、広告、取引書類等に表示することができます。

ASP・SaaS情報開示認定サイト

IaaS・PaaS情報開示認定サイト

データセンター情報開示認定サイト

Googleサイト内検索: