認定マーク

認定マーク (色つき) 認定マーク (白黒)

デザインコンセプト

全体を青色基調の円形にすることで「安全・信頼性」を表現し、背面には「受賞」などでもちいる「月桂冠」をモチーフとしたオブジェクトを透かし「認定」を表現。「ASP」および「SaaS」の「Service」「Software」の「S」を黄色にし強調しました。

認定番号の構成

4桁の認定通番と4桁の認定年月によって構成します。なお、更新によって認定番号は変わらないものとします。

認定マーク使用にあたっての規程 (認定制度運用規程の第10条から)
(認定マークの使用)

第10条

  1. 第6条第1項 (認定の実施) の認定を受けたASP・SaaSサービス (以下「認定サービス」という。) を提供する事業者は、認定サービスについて、認定マークを前条の有効期間に限ってウェブサイト及び印刷物上で使用することができる。
  2. 認定サービスを提供する事業者は、認定サービス以外のASP・SaaSサービスについて、認定マークを使用してはならない。
  3. 認定サービスを提供する事業者は、認定サービスと認定サービス以外のASP・SaaSサービスとを明確に区分して、認定マークを使用しなければならない。
  4. 認定サービスを提供する事業者は、電磁的方法により認定マークを使用するときには、センターが指定するURLへのリンクを設置しなければならない。
  5. 認定サービスを提供する事業者は、使用に際して、認定マークの色を変更したり、認定マークの一部のみを掲載したりしてはならない。
  6. 認定の更新を希望する事業者は、更新の申請の際に、上記の規定のとおりに正しく認定マークを使用してきたかを自己申告しなければならない。
  7. 認定サービスを提供する事業者は、前条の有効期間経過後は、認定マークの使用を速やかに中止しなければならない。
  8. 認定サービスを提供する事業者は、第17条第1項 (認定の取消し) の規定により認定を取り消されたときは、直ちに認定マークの使用を中止するとともに、認定証をセンターに返納しなければならない。

ページ更新履歴

2008/05/16
認定番号の構成において、認定通番の桁数を4桁としました

ページの先頭に戻る