現在、技術革新によって、光ファイバー、WLL、CATV、衛星,XDSLはじめ様々な通信手段が誕生し、経済・社会活動に大きなインパクトを与えつつあります。

こうした環境の下、各企業ユーザーは、その最適用途に応じた通信手段の選択・組み合わせを行い、最も経済的・効率的でシームレスなネットワークの通信手段を求めております。

こうした状況に鑑み、事業者、機器メーカー、システムインテグレーターをはじめマルチメディア振興センターの会員企業等で日頃意欲的な活動を続けていただいている責任者の方々と情報通信分野の枠組みづくりを担う行政分野の担当官とが率直に意見を交換できる場を当財団が提供し、日本の将来のネットワーク網の構築・有用なアプリケーションの開発にいささかでも寄与しうることを目的としています。

Googleサイト内検索: