[HTML]
H1

講演会・イベント

コンテンツ

情報通信月間特別講演会の概要

一般財団法人 マルチメディア振興センターでは、毎年独自のテーマを設け、産官学の協力を得て、講演会やシンポジウム等のイベントを行っています。これは、毎年5月15日~6月15日に、情報通信の普及・振興を図ることを目的に、全国各地でさまざまなイベントが催される「情報通信月間」参加行事でもあります。

平成30年度は、「ICT for 2020 and Beyond –データ主導社会とデジタルトランスフォーメーションの見取図-」と題し、講演とパネルディスカッションを行いました。

当日は、まず、総務省 大臣官房 総括審議官の吉田 眞人様から「未来をつかむTECH戦略」という演題で関連の政策をご紹介いただきました。

財団からは調査研究の結果として「コネクテッド社会における米欧の政策動向」という演題で、情報通信研究部の田中 絵麻主席研究員が発表いたしました。

「データ主導社会とデジタルトランスフォーメーションの見取図」と題したパネルディスカッションでは、早稲田大学 ビジネススクール教授の根来 龍之様にモデレータを務めていただいて、筑波大学 図書館情報メディア系 准教授の石井 夏生利様、日本電信電話株式会社 新ビジネス推進室 2020レガシー担当部長の小笠原 賀子様、パーク24株式会社  ICT推進本部 事業システム開発部 部長の佐々木 太一朗様にパネラーとしてご参加いただき、様々な視点から、活発なご議論をいただきました。

(研究報告資料)「コネクテッド社会における米欧の政策動向」(1.9MB)
 

講演会イメージ01